スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いものたち 

先日の大江戸骨董市で購入した真鍮フック。

真鍮フック

年明けの歴史民俗博物館の影響か、青銅いろというのか、錆びた青が気になる今日この頃。
どこに打ち、何をかけるかなど考えずに購入したけれど、なかなかよい風合いで。
寒い中、歩き回った甲斐があったというものだわ。

で、数年前にちまちま購入したちょっとした古いものも引っ張り出してみた。

青銅小物入れ1 青銅小物入れ2

我が家では玄関の下駄箱上に鎮座してるコチラ。
茶釜みたいなぽってりした形がかわいいのだけど、本来は何だろう?
フックと同じく青銅いろがいい感じ。

お猪口と、右はおそらく炭入れ。

お猪口 炭入れ

お猪口、実際には使っておらず、コチラも古いものシリーズってことで下駄箱上に。
炭入れは鉢カバーに使ったり、その都度いろいろ。

ウンチクの施された骨董は重すぎるけれど、ちょっと古いものの持つ風合いはやはりよいな。
インテリアのアクセントに少しずつ増やしていこう。
スポンサーサイト

コメント

古きものっていいですね~
それぞれに歴史があって
今ここに在るというのも
なかなかと感慨深いものがあるよね。
下駄箱の上・・
覗いてみたい^^

渋好み!
玄関先にこんな年季の入った茶釜??があるなんて。
ころんとしたかたちが昔話に出てくるぶんぶく茶釜みたいで渋かわいいね。

もともと古いものって流行りモノにはない味があって、ながーーく楽しめそうだね、骨董市めぐりもすごく楽しそう。

歴史の青

古びた青銅って素敵ですね。
私は骨董品は持っていないのですが
飾るならこんな風に
年月の積み重ねが味となってるモノが
良いですねぇ。素敵。素敵。

いやー。ホントに茶釜?
可愛いですわ。ぽってり感。
こういうの飾るスペース欲しいなぁ。

わぉっ、素敵な古道具が
いっぱい。
青銅と北欧アンティークは
一度足を踏み入れると戻って来れない
気がして(奥が深くてね)
未踏なのです。
いやー、素敵です。
是非、近日、この子達が鎮座されている玄関のたたずまいも公開求むーーー^^

バレンタインにはマフィン焼いたの
ですねー。ほかほか美味しそう
私は可愛くないまま終わりました^^;

骨董市ですね

ミズタマ。さん、今日の記事はなんてゆーか、、、
鼻血ブーです!どれもすんごく好き。
ミズタマ。さんちの玄関、今度ぜひ紹介してください。
どんな風に飾ってあるのかしら。
ミズタマ。骨董市、開けそうですねえ。
フックは取り付けたのですか?

◇mogyoさん

そうなんですよね。
このフックはどんなお宅で使われていたんだろう。とか、いろいろ考えるのも楽しいもので。
我が家の玄関、とーっても狭いので、下駄箱上のほんの小さなスペースで何とか楽しんでおります。

◇こずえちゃん

お、いただき!"渋かわいい"って表現。まさにそんなのが好きなんです。
重くなく、でもちょっとその辺に似たのは無いよ、っていうの。ふふ。
骨董市は隔週でやっていることを知ったので、またすぐ行ってしまいそうです。

◇弥生さん

何なんでしょうね、本来は茶釜じゃないですよね。
何か、そういうのが好きなんです。
実用性は無いけれど存在感があるっていうか。
いやいやうちも。こんなものばかり増えて、ほんと、スペース作るのに必死です(笑)。

◇bananapieさん

分かります!和食器好きですけれど、実は北欧ものにも興味があって。
でも一歩踏み入れるととめどなく...ってなりそうでこわくて(笑)。
玄関、今の配置と違うのですが、過去はこんな感じでした。よかったら見てやってください。
http://teafor2.blog61.fc2.com/blog-entry-46.html

お菓子作り、ようやく楽しくなってきました。
肉付きを気にしつつ楽しもうと思っております(笑)。

◇baby-zooさん

笑!鼻血ブーですか?ウレシイわん。
ほかの方にもそうおっしゃっていただいてるし、では近々あんな玄関ですが撮ってみますね。
あ、よくぞ聞いてくださいました。
フック、一目惚れで買ったくせにずっとほったらかしてるもんだから。
オットにもどこに取り付けるのか聞かれたところなんです。
でもやはり何も考えず買ったようで。どこに取り付けようかと未だ思案中のワタシです(汗)。

わわ!
ミズタマ。さんのセレクト、ビビビーときました。笑) 特に”プチ茶釜” めちゃカワイイですね~♪ 骨董って見るだけでも楽しい~長い間使いこまれた風合いや朽ちる前の姿に魅力を感じます。最近、すっかり忘れてしまっていた、我が家の古いモノたちレスキューしなくては!^^

◇issueさん

あらー、issueさんにビビビなんてきていただいて。光栄です。
勝手にソレと決めつけたプチ茶釜、なかなか人気でびっくりです。
そうなんですよね。朽ちる寸前の何ともいえない風合い。最大のミリョクですよね。
issueさんちにもい古いものがおありですか?
ぜひぜひぜひ!ご紹介くださーい。

こんにちは。
いいですね、古いもの。
色合いの深くなった金属の質感は
見ていて落ち着きますね。
真鍮フックもいい感じ。
日曜日に大江戸骨董市に行く予定
だったのですが、雨で中止でした。
残念。

◇sora_hikariさん

こんにちは。
新旧いろいろなものをうまく調和させてインテリアを楽しみたいですよね。
真鍮フック、せっかくなのにまだ打ち付けておりません(笑)。
sora_hikariさんなら何を掛けますか?
大江戸骨董市、ワタシも3月になったら再訪しようと思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://teafor2.blog61.fc2.com/tb.php/252-b89b90c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。