スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトラリー 

そうそう、昨日はまだほかにも写真が。
横浜まで足を延ばしながら結局買ったのは実用品、あぁ、シュフだわ(笑)。

柳宗理ディナーセット、横浜そごう内のILLUMSにて。

柳宗理ディナーセット

カトラリーはほかにもいろいろ素敵なものがありますが、このツヤ消しマットが好きで。

ところで皆さんカトラリーってどのように収納されているのでしょう。
あれこれ見て歩くも、プラスチック製のどうにも受け容れ難いものにしかめぐり合えません。
今、我が家では厳選したものだけをこんなふうに並べていますが、当然のことながら既に限界。

カトラリー

どなたか素敵なアイデア/グッズがあれば教えてくださーい。
スポンサーサイト

コメント

ミズタマ。さーん!
我が家といっしょですねぇ~。それもマットな感じがスキっ!てところも同じかも。
話は全然違うんだけど・・・ワタシもKateSpadeが好きでよく買ってるの。なんだか感性が似てる?って勝手に思ってしまいました(笑)
あーっ、でも辛いものはサッパリダメですけどね。
ところで・・・収納方法、これはワタシも悩んでる。今までは種類別にガラスコップに立てて収納してたの。でも向きがあっちこっちで傷にもなるし、イマイチ。これは我が家でも課題ですねぇ。ぜひ、ここで皆様のお知恵を拝借したいところ・・・デス。

ミズタマ。さん、こんにちわ。
わー、綺麗に収納してますね。
私は木のカラトリーはコップに入れて立てて収納していて、
他のものは引き出しの中にカゴに3つくらい分けて入れてます。
でも、カゴだと傷がつくかも。。。

ところで、日曜日は私も旦那さんと横浜駅にいました!!
スカイビルに駐車して、うろうろしてました。
でも主にはルミネにいたかなぁ。。
どこかですれ違ってるかも(笑)

きれー

木のだろうがステンレスのだろうが、
引き出しにぶっこんでるだけー。

参考にならないねぇ。。ごめんねぇ。。

さいばしだけ、コップに立てますよ。

あんまり数を増やさないようにしなくちゃ。

偶然!!
私も今日会社帰りそごうのILLUMS行ってきました!!私はイッタラのグラスを買おうか買うまいか悩んでグルグル廻ってました(笑)
結局買いませんでしたが><
会社そごうの近くなんですよ~^^

☆ありがとうございます

☆みみぼおさん
柳宗理にケイト、それに男トモダチとのごはんもアリアリで、みみぼおさんいい感じ(笑)!
わたしも菜箸やマドラーはコップに立ててるんですがそれも本当は不本意。
気にしすぎかもしれないけれど、ほこりとかどうなのかなぁと思って。
器と同じくカトラリーも増える一方だし、何か素敵なグッズを発掘したいですねぇ。

☆taroさん
やっぱりコップに立ててというのが収納力はベストなのかなぁ。
かご、そうなんですよね、見た目はGoodなのだけど傷が気になって。

日曜in横浜!
ルミネ側は滅多に行かないんですよ~、渋谷並みの人の多さじゃないですか?
わたしたちはそごうの駐車場から歩きましたが、例のベイクォーターはすんんんごい人でした。
もちろんあっさり通過のわたしたちです(笑)。

☆朋子さん
ははは、ぶっこんでるのかー、それもまた味だわね。
うんうん、菜箸ってなぜか増えるのよねぇ、不思議。
そうそう、タヒチ80だっけ、オットはやはり知ってて、"フレンチポップスって感じかなぁ"などと言ってましたが正しい?

☆yuyuさん
わー、そごうの近くなんて毎日が誘惑だね(笑)。
都内に住んでいるのに、いや、都内在住&勤務だからか逆にそっちに行くのかな、週末にデパートというと横浜そごう出没率高しなのですよ。
ところでyuyuさんはカトラリーどうやって収納してる?

私もよくあるプラスティックのカトラリーケースを引き出しに入れてガンガンしまっています。
ほんとはもっとどうにかしたいんですけどね~
ウチのキッチンの引き出しはなぜか深さがあるので、やっぱりそういうケースに入れたほうがたくさん入るからそれがベストなのかな。
柳宗理さんのもの、いろいろと気になりつつまだ何も持っていないのです。
カトラリーもシンプルでいいわ♪
私も次にカトラリーを買うとしたらつや消しマットにしたいなぁって思っています!

☆ありがとうございます

☆yajikoさん
どうにかしたいですよねー。
でもやはり量も無視できないし、見えない収納なので、つい現実的な方法を選んでしまいますね。

柳宗理さん、カトラリー以外も無駄のないシンプルなものばかりで素敵ですよね。
アイアンの鍋も欲しいなと思ったのですが、それこそ非現実的な重さだったので止めました(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://teafor2.blog61.fc2.com/tb.php/139-5aec9145

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。