スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越しラーメン 

飽きてくるとろくな結果を生まないタチと分かっているワタシ。
おせちもまだまだ気になりつつ、天気もいいしふらりと外に出て飾りものを探したりなど。

五穀豊穣を願うわけではないんだけど、なんかカワイくて。

お正月飾り

お花はプラスチック容器から外し、結婚祝いにいただいたセラミック製の器にアレンジ。

お正月のお花

そんなこんなしてるうちに、気付いたら年越し蕎麦の時間。
が、さすがにそこまで手は回らずどうするかなぁと思っていたところ、ちょうどV6の番組で見た
お店の前を通りかかったので、年越し蕎麦ならぬ年越しラーメンを食してきました。

餃子でビール乾杯!働いた後のビールは美味しいわー。ふふ。

餃子

テレビでやってたぎゃん辛ラーメン。

ぎゃん辛ラーメン

香味野菜を炒めて作ったスープという黒柳ラーメン。

黒柳ラーメン

九州ラーメンはワタシ好みの極細麺でウレシイ!しかも硬さが選べるのもありがたい。
決してラーメン通ではないけれど、ここはなかなか美味しかった。うん、満足。

******************************************************************************
あっという間に今年も終わり。早い。早過ぎる。
ふたり生活、まだまだこれから築いていかなければならないことだらけだけど、
お互いを尊重し、ほっこり温かいふたりでいつも居たいものです。
スポンサーサイト

Click!ル・クルーゼ 

煮物が格段に美味しくなるという魔法のお鍋。見た目もオサレだし、いいなぁ。
がしかし、ものすごく重いと聞いて、ずっと購入を迷っていたル・クルーゼ。
年の瀬になり、土鍋も買ってないし、よし、どさくさに紛れて今だ!とクリック。
本日届きカワイイと眺めるも束の間、即使い始めてます。

ル・クルーゼ

うん、確かに信じがたく重い。よっこらしょと思わず声が出るほど重い(笑)。
でもその重さに耐えれば美味しい黒豆が待っていると信じて、コトコトひたすら煮るのであります。

今日の晩ごはん。お正月食材からチラリと拝借のサーモンでクリームリングイネ。

ポテトとサーモンのクリームリングイネ

人参のポタージュと一緒に。

人参のポタージュ

コレがなんともなんとも。久々の自画自賛料理に相成るとは思ってもなかったのだけど。
人参の甘さがたまらなく美味しかった。おせちに飽きた頃にまた作ろう。

寒っ 

いよいよ今年もあと3日というところで急に気温が下がって。もう寒いのなんの。
いや、これぞ年末というものよ、と思いつつも東向きのキッチンに立つのはツライ。

となるとおせち作りの合間についついお茶の時間。

ひと息


そして夕方。今日も遅いと思っていたオットから連絡が入り、ウチで食事するって。
げげっ。掃除やおせちに追われて何も準備してないんですけど...
冷凍したばかりの大根の葉とじゃこの炒め、もう出番だなんて。はは。

大根の葉とじゃこの炒飯


コチラも冷凍してあったトマトスープにチキンを入れてチーズ焼き。

チキンとトマトのチーズ焼き

かき混ぜるとチーズとろとろでなかなか美味。何より温まるし。
12月29日にして既に、おせちもいいけど何とやら... の気分のワタシだったりして(笑)。

大根の葉 

大根を料理した後は必ずと言っていいほどこしらえるコチラ。
と言ってもオットが大根ニガテゆえ、そうたびたびではないのだけど(笑)。

大根の葉とじゃこの炒め

ごはんの友に最高!大根の葉とじゃこの炒めたもの。
そのときの気分でごま油炒めだったり、唐辛子入りだったり。
年末年始に役立ってくれるかと、今回はたっぷり作って保存食として冷凍しておきました。

カタチから入る 

先週末初めて訪れた合羽橋。コレがなかなか面白くて。
爪楊枝から厨房機器に至るまで、キッチン関係の道具は大小問わず何でも手に入りそう。

合羽橋

かと言ってこんなオサレなお店もあったりして。合羽橋珈琲店の2階にある"SOI"。

SOI

いかんいかん、器は今年はストップと決めたはず。また改めてにしよう...
ということで合羽橋にて購入したのはコチラ。野田琺瑯のバットと保存容器。

野田琺瑯バットと保存容器

こんなにたくさん、お節に対する気合いだけは十分っていうか、ワタシってカタチから
入るタチだったみたい。はは。

コチラは愛らしい形をしたアルミの片手鍋。
煮物には銅製のものがいいかとずいぶん悩んだのだけど、やはり手入れが大変ということで。

アルミ片手鍋

iittalaのトング、お正月用のお箸、竹串は帰り道に銀座三越にて。

トングその他

いよいよ今年もカウントダウン。カタチから入るもよし、とにかく楽しく締め括りたいものです。

ちょっとだけクリスマス気分 

引き続き年末年始のあれこれのため、合羽橋に足を運んだり。
かと言って、それに終始するのもさすがに色気がないなぁと、ちょっとだけクリスマスっぽい食事。
ていうか、普段のものをただひとつずつサーブしただけだったりして(笑)。

グリーンサラダ。(器: 角掛さん)
バルサミコ、すだち、オリーブオイル、黒胡椒のドレッシングで。

グリーンサラダ

ポテトとブラウンえのきのハーブロースト。(器: 亀田さん)
自家製ハーブとオリーブオイルがあればそれだけで美味ナリ。

ポテトとブラウンえのきのハーブロースト


オットが買ってきてくれたモエのロゼシャンパンで乾杯。
作る人のワタシ、やっとここで一息つきました。

モエ・ロゼシャンパンで乾杯

引き続きお料理のサーブ。
ほうれん草のポタージュ。(器: 正島さん)

ほうれん草のポタージュ

チキンのトマト煮込み。(器: 亀田さん ...あ、使いまわし。笑)
こちらもハーブを効かせて。

チキンのトマト煮込み


デザートは、ずっと気になっていた尾山台の"AU BON VIEUX TEMPS"にて。
予約などしておらず15時頃に訪れたのだけど、ぎりぎりセーフで何とか小さいのを購入。
しかもたまたま好みのものだったのでラッキーだったなぁ。

AU BON VIEUX TEMPS

モンブランとモカ。台湾茶で酔いを醒ましつつ。

モンブランとモカ

地味だけど、のんびり自宅でクリスマスも悪くないか。
やれやれ、ひとつ行事をクリアだわ(笑)。

年末年始の準備着手 

素晴らしくいい天気!年末年始のあれこれに着手するにはもってこい。
てことで、クリスマスをすっ飛ばして、目下ワタシの頭の大部分を占めるお節。
不慣れなことにはやはりカタチから入るのが無難と、お重箱などその他必要なものを探しに
都内奔放の今日でした(ちょっと大げさか。笑)。

まずは代官山の有名店"かまわぬ"へ手ぬぐいを探しに。

かまわぬ

ふたりのんびりまったりのお正月だし、かしこまらず楽しもうってことで。

かまわぬ手ぬぐい1

かまわぬ手ぬぐい2

定番ものも季節ものもものすごく種類が豊富!
迷った挙句の選択はりんごと唐辛子。お正月にはちょっとポップ過ぎたかな。

そしてかまわぬを後にし、肝心のお重箱をあれこれ見つつもコレというのに巡り合えず。
オオモノだし、妥協は禁物とか言ってるうちに土鍋と同じことになるのかしらん...

*************************************************************************************
オマケ。

大根とブラウンえのきのサラダ。(器: 松原さん)
大根NG、蕪OKのオット、"蕪だよねぇ、コレ"だって!ふふ。正真正銘大根だってば。

大根とブラウンえのきのサラダ


にらレバ。(器: SAVOIR VIVREにて)
初めて調理したレバー。美味しいし栄養満点だけど、やはり処理は大変だわ。

にらレバ

クリスマスなぞ何処吹く風の我が家の晩ごはん。
(うどん器: 銀座三越にて、取り皿: 岡さん、ビール器: 角田さん)

土曜の晩ごはん

Challengingなワタシ 

ケッコンして初めて迎える年末年始。
がしかし、さぁどうするというほどのこともなく、うちでのんびり過ごすことに。
コレってばたばた過ぎ去る日の中で、単にアレコレ計画できなかった結果に過ぎず。
あぁ、温泉にでも行きたかった。実家に帰省もしかった。
などと言っても今さらなわけで、仕方ないわけで...

となると、いくら簡素化が進んでいるとは言え、ふたりとは言え、お節のことも考えなければ。
う、どうしよう。

有元家のおせち

で、購入したのが有元葉子さんのレシピ集。こうなったら楽しむしかないのだ!
ただレシピを学べるだけでなく、彼女の著書は器や道具も美しく素敵でうっとり。

素敵なおせち1

素敵なおせち2

にしても。ワタシったらチャレンジングだなぁ。
こんなウツクシイ素敵なものを真似ることができるのかしらん...

ブツヨクの今日この頃 

器は見納めとは言っても。物欲は維持し続けているワタシ。
先日ウチからそう遠くないところにかなーり好みのお店を発見。コチラ、"巣巣"。

巣巣

国内外のナチュラルな雑貨がたくさん並ぶ素敵なお店。
こまこましたものをこれ以上増やしてはいかんいかんと思いつつも、思いつつも...

インドネシアの下ろし金

ワタシを呼んでいたコレ、インドネシアの下ろし金だそう。
現地では実際に使っているそうだけど、我が家ではオブジェとして。

コチラは言わずと知れた須田二郎さんのカトラリー。大好きな"SHIZEN"にて。
以前購入したナイフがとてもよかったのと、やはり冬は温かみのある木のもので食事したくて。

須田二郎さんカトラリー

パスタの絡みのよさはステンレスの比ではないそうで、使うのが楽しみだなぁ。

ニット帽登場 

おそろしく寒がりのワタシですら、まだまだ耐え得るほどの温かさが続く12月。
これでは出番がなかなか来ないのではと、ようやく例のニット帽をかぶったこの週末。

ニット帽登場

頭にコレをすっぽりかぶるとそれはもうほっかほか。
今日から少し寒くなったけれど、さすがに通勤にニット帽は無理ってもんで、週末だけの活躍です。

ギリシャ料理堪能 

重い腰を上げ、大掃除ならぬ中掃除レベルにようやく着手したりなど、年末年始の準備を少しずつ。
あぁ、もうそれだけで精一杯。夜はオットお薦めのギリシャ料理"SPARTA"へ足を運んだ。

Greece beer Mythos。独特の苦味が美味。

Greece beer Mythos


ニシンのマリネ。
オリーブオイル、ケイパーにレモンの酸味が効いたマリネ液、ウチでも真似できるといいのだけど。

ニシンのマリネ


焼きチーズ。トローリ系ではなく、しっかり噛み応えのあるタイプ。

焼きチーズ


ギリシャ料理の定番ムサカ。ほくほくで美味ナリ。

ムサカ


海老の唐揚げ。レモンをぎゅっと絞って。

海老の唐揚げ


葡萄の葉のご飯包み。オリーブオイルをかけて蒸してあるような... 違うかな?
さっぱりこってりのバランス(矛盾してるけど、まさにそんな感じなのだ)がグッド。

葡萄の葉のご飯包み

各国料理はあれこれ試してきたけれど、考えてみるとギリシャ料理は初めて。
レモンやオリーブオイルがふんだんに使われたさっぱりテイストはワタシ好みでした。
ワインリストも豊富だったし、また足を運びたいものです。

年明けのお楽しみ 

もしかしたらコレが今年最後の器やさん巡りかも。
まずは後藤義国さんの個展を見に"土庵"へと。

土庵-後藤義国展1

土庵-後藤義国展2

しのぎの効果なのか、グレーがかった白が独特で素敵。
温かみのある和食器の雰囲気も保ちつつ、どこかイタリア食器のような風合いを
感じさせるなぁと思ったのはワタシだけでしょうか。

...と、あら、あれはもしかして?やはり。Happyuyuさんにばったり!
来てるかなぁ、会うかもしれないなぁとは思っていたけれど、まさか本当にお会いするとはびっくり。
器選びもお料理も達人の彼女、さぁ今回は何を購入されたのかしら。

yuyuさんに別れを告げ土庵を後にしたワタシたち、次は正島克哉さんの個展を見に"無垢里"へ。

無垢里-正島克哉展

コチラではぜひぜひ念願の土鍋をと思っていたのだけれど、今まさに作陶中だそう。
年明け早々には焼き上がるとのことで、その折にはご連絡を頂戴することに。
う、今年は鍋食さずして年越しかぁ.. 残念だけど年明けに楽しみを持ち越したということで。

コチラ、花紋様のような後藤さんの箸置き。

             後藤義国さん箸置き

鍋に先がけ、ぽってりカワイイ正島さんのとんすい。スープカップにもよさそう。

正島克哉さんとんすい1       正島克哉さんとんすい2

********************************************************************************
オマケ。拙い我が家の晩ごはん。
大豆と豆腐・オリーブのホットサラダ。(器: 松原さん)

大豆と豆腐・オリーブのホットサラダ

キャベツとツナのリングイネチーズ和え。(平皿: 亀田さん)

キャベツとツナのリングイネチーズ和え

今日は温かかったので冷えたビールが美味しい!

土曜の晩ごはん

New year's card 2007 

新年のご挨拶、こんな感じにしようかと。
シンプルすぎるかなぁと思いつつも、デジカメ使っての賀状など初めてでもうこれが精一杯(笑)。
ホンモノは下に住所と名前入りで。

New year’s card 2007


POT STAND 

ずいぶん前にいただいておきながら、決められずに放置されていたカタログギフト
こんなときこそ洋食器にしてみようか、いや、普段なかなか手の出ない食材もいいかもなどと。

で、ようやく選んだのはコチラ、ちょっとオサレめな鍋敷き。

majamoo POT STAND

あ、いや、訂正。オサレめなだけあって、POT STANDというのだそうな(笑)。
フィンランドMajamooブランドのもので、"喜びの木"と言われる白樺でできたもの。
アート感覚のこのフォルム、使ってないときはオブジェとして楽しめそう。

365分の1 → 増やしてく? 

昨夜は月曜だというのに全社的なイヤー・エンド・パーティ。
出欠取らないし、かつ、もともと大きな集まりは不得手なので、ぎりぎりまで迷ったけれど。
あまり非社交的なのもどうかと、ちらりと立ち寄ってきました。

YEP1       YEP2

都内某ホテルにて。うーん、正直イマイチ、いや、イマサンでした。
が、途中、気の合う人ふたりと抜けて、別途飲み直し。コレが異常に盛り上がったのだ。
冬になると通常以上にとっとと帰宅&こもり部のワタシが、日付が変わる頃の帰宅!
いやー、365日に1日もあるかないかだわ、最近こんなの。

でも。語り過ぎで帰りは喉がガラガラだったけれど。たまにはこういうのも必要だなぁと。
彼らとは今後ますます本音で語り合える関係でいたいと思ったのでした。

地味めにクリスマス準備 

オット外出、ワタシも2ヵ月ぶりの美容院へ。どんどん短くしていい気持ち。

その後、ポインセチアを購入すべく、"Buriki no Zyoro"へ足を延ばしたところ。
クリスマス雑貨のあれこれについ長居。そうなるかと思ってはいたけれど。

             Buriki no Zyoro

目的のポインセチアは、レモンスノーという文字通りレモンカラーのものにビビビ!
さりげなくて素敵。
クリスマス準備1  heyクリスマスオーナメント  クリスマス準備2

真ん中は昨日"GOOD NEWS"にて購入、スウェーデンの木靴とツリーのフェルトオーナメント。
ウッドのフックは縦にも横にも使える優れモノで、これまた一目惚れ。

てことで今年のクリスマスはさりげなさがテーマ?あ、いや、単に地味なだけか(笑)。

夜は白いごはんをいただきたくて。
大根の葉とじゃこのごま油炒めに始まり。

             大根の葉とじゃこのごま油炒め

牡蠣・豆腐・ネギの味噌煮込み&蓮根・キャベツと豚肉のピリ辛炒め。

牡蠣・豆腐・ネギの味噌煮込み       蓮根・キャベツと豚肉のピリ辛炒め

牡蠣と味噌って合うなぁ。あったかウマウマ。蓮根もしゃきしゃきでナイスでした。
このメニューにはやっぱりビールよねぇ。

             日曜の晩ごはん

小谷田潤さんのほっこりマグカップ 

あれこれやらなきゃいけないこともあるし、寒空だし、雨だし。
家でおとなしくしてなきゃと思いつつも。

"PARTY"に小谷田潤さんの個展を見に。

Party小谷田潤展1       Party小谷田潤展2

ご本人もいらっしゃり、お茶などいただきつつ楽しいひととき。
好きな感じの器がたくさんで迷う迷う。
でもそういえば。対になった和のマグって持ってないんではないの?

ということでコチラに決定。

小谷田潤さんマグ1       小谷田潤さんマグ2

これよりも背の低い円いタイプのものと迷ったけれど、このちょっとくびれたラインに惹かれて。
明朝からのコーヒーが楽しみだ。ふふ。

冷える日はあったかメニューの晩ごはん。
豆とトマトのホットサラダ&明太子としめじのクリームパスタ。

豆とトマトのホットサラダ       明太子としめじのクリームパスタ


サラダはバルサミコと胡椒だけで十分美味しい!遠藤素子さんの片口で。
パスタは相変わらず豆乳を使ったもの。温まる~。

正島克哉さんの器にはほうれん草のスープ。

土曜の晩ごはん

暖房効かせた部屋でも今日はさすがにビールは遠慮。
ドイツのフルーティなワインで似非イタリアンな夜(笑)。

気ばかり焦る 

週末を待ちわびるばかりのワタシも、さすがに師走はそうでもないというか。
やらなければならない物事を頭に思い浮かべては、気ばかり焦ってしまって。

クリスマスの準備も新年の準備も、おそろしいほどに未着手。

クリスマスの準備       亥年がやってくる!

ごちゃごちゃ小物をカワイイ~などと眺めるばかりでなく、着手実行せねば...
年賀状などここ数年できる限り控えてきたけれど。
ケッコンした年だしそうもいかないよねぇ。と考えただけで、あぁ。ため息。

息抜き 

師走、ただでさえ気忙しいのに職場でごたごたあったりなどして。あぁ、もう。なんだかね。

てことでランチタイム、ちょっとがんばればYGPまで足を延ばせなくもなくて。
特に今の季節はデコレーションがキレイでいい感じ。

YGP1       YGP2

1時間で戻るのはけっこうタイトだけれど、息抜きには最適です。

オマケ。コチラは和三盆ではなく黒糖で焼いたパン、ほんのり色が付いて香りもよくて。

             黒糖で食パン

明朝はコレにりんごジャムたっぷりのせよう。で、あと1日乗り切るかー。て感じかな。

我が身を直視 

築15年の我が家。シュークローゼットなどという立派なものはなく。
住み始めて8ヶ月にもなるというのに、玄関にミラーがないままきておりました。
いかん、そんな大事なことを後回しにするなんて。
自分の容姿を直視することがなくなったら、コレぞ手抜きの第一歩。
そうやってじわりじわりオサレ心を無くしていくことだけは避けねば...

本来ならば出かける前の全身チェックといきたいところだけれど、やっと先日小さいのを設置。

ミラー

ま、無いよりはマシかしらねぇ。
チビッコのワタシに合わせて設置したため、オット、かなりしゃがんでチェックの様子。
す、すまん。でもさ、ワタシが背伸びするのは無理というものだからさー。

2回目のりんごジャム 

大して帰りが早かったわけでもないのに。
食事もそこそこに、21時過ぎからりんごジャム作りにいそしむワタシ。
なんでだか、そんな気分だったのです。

前回は皮も一緒に煮て紅く仕上げたけれど、今回は無しで。
かつ、黒砂糖ではなく和三盆を使って高級ジャムもどき(笑)。

りんごジャム

紅玉3個分、ちょうどいい量に仕上がったかな。
ちょうどハハからのルバーブジャムも終わりそうなので、明朝からはコレを楽しみます。

それにしても。くつくつ煮ながらちょっとすくってみたりなどするうちに、りんごですっかり
お腹いっぱいになってしまった(笑)。

ヤメラレナイ四川料理 

今日は珍しくノープラン。
オット、中くらいの遠出(それってどういうんだ...)をと言うので、行き先を任せたところ。
ワタシ、乗り物だとすぐに寝てしまうタチで。しかもこの季節、車内は暖かくて気持ちいいわけで。

気が付いたら神奈川のどこだか峠に到着してました。

矢櫃峠1       矢櫃峠2

向こうのほうに見えるのは駿河湾らしい。残念ながら富士山は見えず。
そして帰り、週末にはかなり久しぶりの外食。中華街へ。

中華にはやっぱりコレ、山楂酒と杏露酒をロックで。

             山楂酒と杏露酒

そしてまずは飲茶。

ハチの巣香味蒸し       海老蒸し餃子

ハチの巣香味蒸し、やわらかく、八角の香りがグッド。海老蒸し餃子もふっくらもちもち。

四川料理店に来たからにはやはり赤い辛い料理。白身魚のピリ辛炒め。

             白身魚のピリ辛炒め

セロリや生姜が効いていて、ただ辛いだけではないのが好み。でも辛いわ~。

で、また平和を求め飲茶に戻ったワタシたち(笑)。

ほたてとほうれん草の蒸し餃子       海老のスイートコーン団子

ほたてとほうれん草の蒸し餃子、海老のスイートコーン団子。

ここ、四川料理の有名店だけど飲茶もかなりいけるなぁ。
中華というとどうしても四川料理の辛いのが捨てられない。
かと言ってそればかりもなぁというワタシたちには理想的だわ。気に入りました。

で。やっぱり締めは何を置いても坦々麺。ふふ。

             坦々麺

美味しい思いをし洗い物もしなくていいなんてねぇ。
うちごはんも楽しいけれど、たまには外もいいものだ。うん。

松原さん・角田さんご夫妻の器でほくほく 

土曜がこんなにいい天気だとそれだけで幸せ。
自分でも感心するほどスピーディに掃除や洗濯を済ませ、相変わらずの器の旅へ。

今日は"無垢里"での松原竜馬さん・角田淳さんの個展がいちばんの目的。

無垢里-松原さん・角田さん個展1       無垢里-松原さん・角田さん個展3

期待通り素敵な粉引き(松原さん)・磁器(角田さん)がズラリ。
そして実は。おふたりがご夫婦とここで知ったワタシ。
しかも角田さんとお話ししていてそれが分かったのだからびっくり。
器の持つ雰囲気とおふたりの雰囲気がとても合っていて、素敵なご夫婦でした。

我が家にもこんな一角があればいいのに。まるで夢。

             無垢里-松原さん・角田さん個展2

角田さんのしのぎシリーズがあればと思っていたのだけれど、今回は出しておられないということで
迷った挙句、今日は少しだけ大きめ松原さんの器を一枚だけ。

松原竜馬さん器1       松原竜馬さん器2

他にも足を延ばしつつもさすがに最近買い過ぎにつき、今日は表参道の空を見上げて終了(笑)。

             表参道

本日の晩ごはん。
鶏手羽元とさつまいもの煮物、大根のハーブソテー。

鶏手羽元とさつまいもの煮物       大根のハーブソテー

左、ウレシイことに松原さんの器は煮沸処理は不要とのことで、早速登場。
そして実は、かぼちゃのみならず大根もダメなオット。信じられん...
これから美味しい季節、大活躍素材なのに困りモノ!てことで、昨夜のポテトを真似てみたりなど。
オリーブオイルとローズマリー、それにタイムやオレガノも加えていい香り。
とほくほくしてるのはワタシだけ?ま、何とかオットもOKなようでしたが...

松原さんの器と角田さんのしのぎカップを並べた今日のほくほく晩ごはん。

             土曜の晩ごはん

(油揚げ・くきわかめ・しめじの温麺: 銀座三越にて信楽焼き、取り皿: 角掛さん、大根ソテー: 岡さん)

週末を迎える準備 

職場においてはまったくもって社交的とは言えないワタシ。
寒くなってくると通常にも増してとっとと帰宅したい度が高まり、付き合いはさらに悪くなるわけで。
でも。ここ最近、部内でいろいろあり。それら、今もon-goingにつきすっきりしない。
てことで、同僚とココロをさっぱりさせるための外ごはん。

             モレッティ

基本的に職場の者同士グチグチ言い合うのは好きではないのだけれど、
彼女とはその辺の感覚が似通っており、まさに明るくココロをさっぱりさせられる。
イタリアのモレッティなど楽しみつつ。ふふ。

10種のミネラル野菜サラダとパルマ産プロシュート&ローストポテトとチキンのピッツァ

10種のミネラル野菜サラダとパルマ産プロシュート       ローストポテトとチキンのローズマリーピッツァ

近場にあるカジュアルイタリアンの店だけれど、なかなか悪くない。
ポテトとチキンをローズマリーで香り付けしローストしたもの、コレ真似できそうかも。

てことで盛り上がり、最後には彼女にいい出会いがありますように、で終わった会。はは。
こういうの、ナイスです。お互いいい週末を過ごしましょ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。