スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな手 

シャンパンの彼女と愛すべきその息子、ランチタイムにオフィス近くまで出て来てくれて。
お互いの近況... 彼女の出産、子育て、新居購入、そしてワタシの挙式、転職、新婚生活。
そのほかにもあれやこれやのアップデート。1時間じゃまったくもって足りない。

にしても、何をおいても。
どうして赤ちゃんの手ってこんなに魅力的なんだろう。(もうすぐ6ヶ月)

手1       手2

育児はやはり大変そうだけど、それでもとても幸せな様子でこちらまで温かい気持ちになれる。
前職場の同僚である彼女、バリバリの仕事ぶりを知っているだけに、ハハとなった姿が
さらにまぶしく見えた。
スポンサーサイト

エンドレスの旅 

器を見に行くたびに記帳させていただくので。

ギャラリーからのはがき

こんなに続々と個展の案内をいただいて、これはもうエンドレスというもの。

土日休みとは限らないオット、たいてい週の半ば頃に様子を聞くのだけど。
今週はいかに。足を運びたいところが3箇所もあるんですけど。
こうしてワタシの器・鍋探しの旅は続くのであった...

ケッコン式の写真 

挙式のときにシャンパンを贈ってくれた彼女、ワタシの勤務先からそう遠くないところに
住んでいるのだけど、今年6月に出産だったためずっと会えないままきており。
ところがこのたび新居を構え少々離れたところに引越すとのこと、慌てて会う約束を取り付けた。

"ガラじゃないとか言わず、結婚式のときの写真ちゃんと持って来てよ"と言われ。
本当にまったくもってそういうガラじゃないのだけど、掘り起こしてみたりなど。

結婚式の写真

未だ8ヶ月も経たないというのに、すっかり奥深く仕舞われたままの写真。
まぁたまにはこうして眺めるのも悪くないか。あれこれ反省などしつつ。はは。

でもなぁ、友人と会うのにコレ持って行くのはやはりガラじゃない気が。
数枚ピックアップがせいぜいだなぁ。

ほかの、こまごましたこと 

器や巡りばかりもどうかと思って。
言い訳ではないが、ほかにもこまごましたことをやってみたりなど。

先日"ラ・ロンダジル"を訪れた際に深田さんの器と一緒に買い求めた貝のボタン。
無地のランチョンマットの隅に縫い付けてみたところ。お、悪くない、いい感じ。
ボタンってもしかしてあれこれ使えるかもなぁ。もっと買えばよかった。

貝ボタン       ランチョンマットと貝ボタン

久しぶりにホームベーカリーでパンも焼いて、ふらのチーズ"メゾン・ドゥ・ピエール"と一緒に。

ホームベーカリーでパン       メゾン・ドゥ・ピエール

で、コチラはオマケ。ハロウィンに欠かせないホンモノかぼちゃ。
実はコレ、かぼちゃ嫌いのオットが入手してきて、季節の頃は玄関に鎮座していたもの。
捨てるのもしのびなく、階段のコーナーに移動。

             かぼちゃ

パンプキンカレーを食した日のことなのだけど、オット、これには無反応でした(笑)。
でもねぇ、捨てるのもねぇ。皆さんはどうされたのでしょう。

和パスタでイタリアン 

セゾンカードのポイントが¥4,000分貯まっており、使用期限は年内。
なんとも中途半端な額ではあるけれど、忘れて年を越しては後悔する額でもあり。

特に欲しいものがあるわけでもないときにデパートで¥4,000を上手く使うのってムズカシイ...
結局無難にDES PRESでニットを購入。

             DES PRESニット

ネックがぴったりしていないところと、うっすらグレーがかった白という色味に惹かれて。
なんだか余計な消費だったような気がしなくもないけれど、まぁいいか。

その後はやはり器。"SHIZEN"に野田敬子さんの個展を見に。

SHIZEN1       SHIZEN2

鉄釉の小豆色の器なんて初めて。これもまたお料理を選ぶかなぁと見ていたら、
ご本人(素敵なマダムといった感じの方)いわく、グリーンがよく映えるとのことでした。

とかなんとか言いながら、ゴメンナサイ、今回は先日買いそびれた須田二郎さんの
木(あさだ)のナイフを購入するにとどまってしまった。

             須田二郎さんナイフ

チーズとかディップ(作ったためしがないが)をサーブするのによいかなぁと。

そうそう、このナイフ、紙の袋に包んでもらったのだけど、帰宅する頃にはうっすらオイルが。
なるほど~、オイルをたっぷり使って仕上げてあるというのを実感。

さて、夕食はオットリクエストによりパスタ。
左のトマトとふらのチーズは白胡椒を挽いて、あとはチーズの塩気だけで十分美味しい。
右は水菜とツナのマヨパスタ。
これまたHappyuyuさんに教えてもらった長ネギとツナのマヨパスタをアレンジして。

トマト&ふらのチーズ       水菜とツナのマヨパスタ

両親が届けてくれた栃木白ワインを楽しみつつ、和パスタでイタリアンな日曜の夜でした。
(トマトとチーズ器: 角掛さん、パスタ皿: 亀田さん、グラス: BACCARAT、カトラリー: 柳宗理)

             日曜の晩ごはん

****************************************************************
ところでパスタといえば。
皆さんどちらのもの(ブランドだったりメーカーだったり)をお使いなのでしょう。
お薦めのものがあればタイプと併せて教えていただきたく。情報お待ちしています。

やっと出合えた7寸平皿でニガテ克服 

書き飽きたせりふ、今日もオットは仕事。こんなに天気いいのに。
仕方ない、こんな日は家事に専念するいい機会とするか。
ラグマットなどのオオモノも洗濯し、陽にあたりながら玄関先の草花の配置替えもして、いい感じ。

とは言いながら、さて午後。やはりじっとはしていられず、ひとりで出かけてしまった。
前々からHappyuyuさんにお薦めされていた浅草にある"土庵"まで。

土庵1       土庵2

今回は個展ではなく常設展。わ、素敵、ため息。
なんてことないビルの2Fにこんな素敵な空間が広がるなんて。
さすが器大好きHappyuyuさんお気に入りのギャラリーだけあるな。

そしてウレシイことに、ずっと探していた7寸サイズの平皿にやっと出合えたのだ!
購入した亀田大介さんの7寸平皿。

亀田大介さんの7寸平皿1       亀田大介さんの7寸平皿2

行く先々で尋ねるものの、7寸のものを作る作家さんは少ないのだと聞かされ。
最近は土鍋に気が集中しつつもずっと頭の片隅にあったのでウレシイ限り。
遠路浅草まで足を延ばした甲斐があったというもの。

             隅田川

で、帰る早々急いで処理をし、早速今日の晩ごはんに登場。ふふ。
ニガテ克服強行突破作戦第二弾、パンプキンカレー。

             パンプキンカレー

やはりニガテなものは、子供大好きメニュー&かたちをなくすというのがミソかと。
挽肉やハーブ類もたっぷり、かつかなり辛口に仕上げてみたところ。
おぉ、全然OKだって。 ...本当か??そんないきなり平気なのか...?
怪しいところだけど、ま、ワタシは美味しいしいいや。はは。

箸休めはしめじと豆のマリネ。先日の深田さんのお皿で。

             しめじと豆のマリネ

さぁ明日はオットも休みの日曜。どうしよう、そろそろ別の行動計画を立てるべきか。

ご近所付き合い 

2軒向こうの、以前梨をくださったお宅
2歳くらいの女の子がいるとても感じのいいご夫婦。
春から夏は表でよく立ち話をしたものだけれど、寒くなってからは先日久しぶりに顔を合わせた。
そうしたら。なんと。アメリカに転勤が決まったそう。
来週にもご主人は渡米、奥様と娘さんは春前に追いかけるとのこと。
同世代(と思ってしゃべっているうちにワタシより4つも下と分かったのだけど。笑)の先輩ご夫婦と
ご近所付き合いができるなどという環境はそうないことで、今の住居が気に入っている理由の
ひとつでもあったのに。
それに娘さんがとってもかわいくて、彼女の声が聞こえなくなるのは本当に寂しい限り。

で、ご主人の渡米に合わせてここを去りいったん奥様のご実家に移るということで、
彼らのところから我が家にやってきたグリーンたち。

お隣からきたグリーン1       お隣からきたグリーン2

彼女たちの玄関先に植えてあるマリーゴールドなどもぜひ植え替えて育ててと言われており。
それはもう喜んで!
メールアドレスも交換したし、離れてもお付き合い続けていけたらと思うばかりです。

遠藤素子さんの個展 

今日もウレシイ誤算。って、それでやっと世間並みの話なのだけど。
祝日にもかかわらず今日も仕事予定だったオット、お昼前には終わるとのこと。
おぉぉ、それなら意外と天気ももってるし、西荻窪まで足を延ばそうではないの。

コチラ、築70年という"Gallery MADO"。風情あるなぁ。

             GalleryMADO

来月自由が丘のほうに足を運ぼうと思っていたのだけど、待てなくて。
遠藤素子さんの個展。

遠藤素子さん個展1       遠藤素子さん個展2

わ、ウレシイ。遠藤さんご本人がいらっしゃる。作品と同じく温かい雰囲気のとても素敵な方。
あれこれ器の話などもうかがううちに、つい長居してしまった。

そしてまた延々迷い、安曇野の"nagi"の思い出とつなげて小さな片口をふたつ。

             遠藤さんの片口ふたつ

久しぶりにふたつ揃いでないものを購入、これも楽しいかも。
で、我が家の遠藤さん片口勢揃い。

             遠藤さんの片口勢揃い

そしてなんとコチラ、お会計後に遠藤さんがこっそりくださった豆皿。

おまけの豆皿1       おまけの豆皿2

しゃべり倒した長居の客にそんな、本当に嬉しかった。
しかもとってもワタシ好み。個展に並んでなかったのはどうしてだったのかな。

ほっこり心も温まった祝日の夜、あれこれ料理も楽しいもので。
水菜と油揚げ・じゃこのサラダ、豚のハーブソテー、かぼちゃときのこのグラタンなど。
(サラダ器: 馬場さん、ソテーお皿: Bodum、グラタン皿: 正島さん、取り皿: 深田さん、
ご飯茶碗: KOHORO、ビール器: 角田さん、カトラリー: 柳宗理)

水菜と油揚げ・じゃこのサラダ       23日(祝)の晩ごはん

先日蕪のグラタンを作った際に。
"これならかぼちゃもイケそうじゃない?"と無理にオットの首を縦に振らせたワタシ。
作戦成功、いや、強行突破と言うべきか、なんとか食べておられた。
作ったもん勝ち、出したもん勝ち、と思ってるわけではないのだよ。だって美味しいじゃない。
とはかぼちゃ好きのツマの言い分か。でも栄養たっぷりだし。ねぇ。

深田容子さんの小皿とひとりごはん 

久しぶりの平日休暇。
ウチの会社、ありがたいやら変わってるやら、夏季休暇は6~11月で取れるシステム。
で、こっそり1日残しておいたのが今日の分。ふふ。

相変わらず熱が冷めない器や巡り。
今日はずっと行きたかった神楽坂の"ラ・ロンダジル"へ。

             ラ・ロンダジル1

おぉぉ、期待通り素敵な入口。

休みの日は混むに違いない深田容子さんの個展、昨日から。
ご本人にお会いできないのは残念だけど、そこは平日ならでは、ゆっくり気の済むまで拝見。

ラ・ロンダジル2       深田容子展

うーん、サスガ人気の作家さん、本当に素敵。
シンプルながらほかにない色合い、風合いにため息。

で、恒例、迷いに迷って購入したのはコチラ、灰色の粉引き。

深田容子さん小皿1       深田容子さん小皿2

この何とも言えない灰色、またも料理を選ぶかと迷いつつも、どうしても惹かれてしまった。
ほかにももっとどんよりした灰色の器があり、斬新な深田さんの作品にますます興味が。
うーん、惹かれるものすべてを持ち帰れないのがカナシイところ。あぁ。

ところで今日はいい(11)夫婦(22)の日だそうな。
まぁでもね、我が家の場合。2日連続一緒に食事できるなんてあり得ないわけで。あぁ。

             きのことツナの豆乳クリームパスタ

ひとり寂しくきのことツナの豆乳クリームパスタの夜でした。
(パスタ器: Madu)

ケッコン後3回目の 

オットのスケジュールに嬉しい誤算があり、結婚後8ヶ月、ようやく3回目の平日ふたりごはん。
ばたばたと落ち合ってうろうろお店を吟味し、入ったお店は沖縄料理店。

             なんちち食堂

決して飲めるクチではないけれど、これだけ泡盛の種類があると選ぶのも楽しい。
そして料理も豊富で迷うところ、まずは定番、ジーマーミー豆腐とミミガーの酢味噌和え。

ジーマーミー豆腐       ミミガーの酢味噌和え

ジーマーミー豆腐、見た目は何らフツウの豆腐と同じなのだけど、やっぱり弾力がすごい。
もっちりぷるぷるで美味しい。
ミミガーもコリコリ食感がたまらない。酢味噌と合うなぁ。

コチラ、初めていただいたパパイヤチャンプルーとアグー豚の炒め物。

パパイヤチャンプルー       アグー豚の炒め物

パパイヤはタイ料理でサラダをいただいたことがあるけれど、火を通すとまた別の味わい。
アグー豚はちょいこってり気味だけど、野菜たっぷりなのでまぁいいか。

締めはやはり沖縄そば。あっさり美味美味。

             沖縄そば

というわけで、泡盛も存分に楽しみ、しかも明日は休み取得で極楽火曜の夜なのでした。ほほっ。
(あ、当然オットは明日もフツウに仕事。う、ガンバレ。)

雑誌履歴で知るワタシ 

人の人生って変わるもので。
ケッコンして約8ヶ月、手にした雑誌はnidLEEのみ。
そして先日、古い雑誌を処分したのだけど。

日経WOMAN

わんさと出てきた"日経WOMAN"、しかも同様のテーマのものばかり。
ワタシ、家を購入しようと思っていたのよねぇ。
ていうか、ケッコンなんてしないんだから、自分のための住居は当然購入するものだと
信じて疑ってなかったというか。
うーん。もちろん今でも持ちたいと思うし、オットとそんな話もするのだけど。
がしかし。なんとなく今のほうが現実味がないような。
コレ、何ゆえでしょう。
他人事じゃなく自分のことなのだけど、何故なのかよく分からず。
うーん、なんでだろ。

皮革のスリッパ 

寒い雨の中、さすがにあちこち出歩く気にはなれず、かと言ってウチに居るのももったいない。
というわけで今日は近場の恵比寿・代官山辺りであれこれと。

"ギャラリー無垢里"にて、器も素敵なものが揃ってたけれど、我々は皮革スリッパを購入。

          Houseの皮革スリッパ

実はずっとバブーシュを探していたのだけど、何せデカ足のオット、合うのがなくて。
それがコチラ、初めて出合った"House"というブランドのLサイズはなんとぴったり。
で即決!それにしても。ワタシのSサイズとの対比が笑えるなぁ。はは。
お店には長く履き続けているものが何足かあり、くたっとしててとても味が出てました。
履けば履くほど足に馴染み、風合いが出るらしい。楽しみ楽しみ。

そしてコチラ、黒のプリーツハーフパンツ。

          黒プリーツパンツ

ふらりと立ち寄ったセレクトショップにて。
この"ふらり"が大きな誘惑につながると分かっていつつ、いつつ...

さて今晩は早速昨日の角掛さんの器を登場させるべく。
温野菜のサラダ。バルサミコとマスタードのドレッシングで。

          温野菜のサラダ

お、赤や白が映えるではないですか。ウレシイ。

久しぶりに麻婆豆腐、わかめと卵のスープ、雑穀米と一緒に。
(ビール器: 角田さん、麻婆豆腐お皿: SAVOIR VIVRE、取り皿: 岡さん、
スープ器: 黒漆、ドレッシング片口: 遠藤さん、ご飯茶碗: Wattle)

          日曜の晩ごはん


角掛政志さんの黒い器 

今日は久しぶりにオットも休みの土曜日。
オットのしたいこと、行きたいところに付き合う気満々なのだけど、特に無いらしい。
それならば。日曜はクローズのギャラリーもあるということで。

コチラ、入口までのアプローチも素敵な"niwa-coya"

niwa-coya1      niwa-coya2

"LIVING STONE展"

LIVING STONE展1      LIVING STONE展2

素朴でありながら、デザイン性のある個性的なものが多い印象でした。

その足で町田へ移動、ずっと行きたかった"百福"へ。

             百福

期待通りの素敵なお店。
2階がそのままご自宅なのだそう。うらやましい、そんな生活ワタシもしたい。
などとつぶやきながら、迷いに迷って角掛政志さんの黒の器を購入。

角掛政志さん1      角掛政志さん2

ちょっとのたわみと深さに惹かれて。
ついこの前まで黒の器には躊躇していたのだけれど、なかなか料理も映えるような。

今晩は、先日の正島克哉さんの黒の耐熱皿で蕪とツナのグラタン。

             蕪とツナのグラタン

初めて作ったベシャメルソースは豆乳で。コレ、あっさりしててなかなか美味しい。

バジリコパスタだし、絶対白ワインであるべきなんだが、冷えておらず。無念。
ボジョレー・ヌーヴォーを開けました。
(パスタ器: BODUM、ワイングラス: BACCARAT、カトラリー: 柳宗理)

             土曜の晩ごはん(ボジョレー解禁)

****************************************************************
器や巡りには実はちゃんと理由があって。
寒い冬に必須の素敵な土鍋を探しているわけで。
でも目的のものがなかなか見つからず、あれこれほかのものに手が伸びている次第。
やばい。鍋を入手しない限りこれが続いてはやばいです。

季節を感じること 

寒くなると出勤前の庭いじりもしなくなってしまって。
いかんなぁ、ふと目をやると我が家のあれこれにも変化が。

色づいたブルーベリー      ビオラ

ブルーベリーの葉は色づき、ビオラはぐんぐん成長。
これからの寒くダークな季節の大切な彩り。大事にせねば。

コチラは2階から見える隣家の立派な柿の木。

2階から見える季節

あ、今年、柿をいただいてない。いかんなぁ、早速明日にでも。

甘いものダイスキ 

先日デパ地下でもらったROYCE'のクリスマスカタログ。

ROYCE’クリスマスカタログ1       ROYCE’クリスマスカタログ2

こんなもの、食後に見ては目に毒以外のナニモノでもないよねぇ。
いそいそとひとりお茶の時間と相成るわけで。

計ったようにちょうどひとつだけあった萩の月。

お茶の時間

お気に入りの備前焼の湯のみと数年前自分で焼いたお皿で。
ふふ。それはもう至福のときナノダ。

長い道のりの後の無印 

ふと見渡すと、小さいところでは電話体重計、オオモノだとダイニングテーブルや冷蔵庫
(そういえば画像はまだ無い)など、我が家では無印良品のものが少しずつ増えているようで。
これって、すごーく無印のものが好きという積極的な理由からではなく、ほかのブランド(特に家電)
でなかなかコレというのにめぐり合えないからという悲しい背景に因るものだったりするのだけど。

で、何はともあれ無印のネット会員になったワタシ、"無印良品週間(全商品10%オフ)"の
案内に乗じて、またふたつ家電製品を購入してしまった。

サイクロンクリーナー

     無印サイクロンクリーナー

家電店・ネットで文字通り数え切れないくらい見てきたけれど、どうしてもカラフルなものが
受け容れられず、結局コレに落ち着きやれやれ。
疲れた。まったく。長い道のりを経て結局無印か、っていう(笑)。

コチラはポータブル電気ストーブ

     無印電気ストーブ

キッチンで、2階で、足元を温めるために。

すごーく好きなわけではないと言いつつ、無印という選択肢が無ければこれらはどうなって
いたのか、どうやったって赤や青のクリーナーなどワタシが購入できるはずはなく。
うーん、やはりとってもありがたい存在の無印良品なのよねぇ...

冬の準備 

何やら急に冷えてきて、おそろしく寒がりのワタシはもはや春を待ち遠しく感じたりなど。
いかん、早すぎ。どうするんだ、まだまだ冬の入口だというのに。
しかも今年はテラスハウスでの越冬、マンションに比べて既に寒さを実感する日々なのだ...

で、気休め程度ではありますが、リビングにラグを。

   ミズタマラグ1

向こうに見えているキッチンは東向き。
なので夕食時は冷えるのなんの。

   ミズタマラグ2

リビングは西なので、夕方はいいけど朝が寒い。
建物も新しいとは言えないので、スキマ風を感じなくもないような。あぁ。
ラグの下にホットカーペット敷いて自家製床暖にでもするかなぁ。

正島克哉さんの器 

ハマるとしばらくそればかりのワタシ。
今日もあちこち器を見てまわり、幸せなひととき。

コチラ、実は先週の日曜にも立ち寄ったのだけど、あまり時間が無く心残りだったSHIZEN
 
            SHIZEN

木工作家・須田二郎さんの個展が催されており、あれこれ手にしてみる。
うーん、素敵。木のものって扱いが心配だけど、油を使った料理でも何でもOKなのだそう。
なるほどそうなのか、と思いつつも、ほかの器との組み合わせが難しそうで今回は断念。

で、代わりに(とは言わないか?)正島克哉さんの耐熱皿を購入。

正島克哉さんの耐熱器1     正島克哉さんの耐熱器2

サイズといい深さといい理想的。嬉しい。
黒の器ってこれまた料理を選びそうで、いつも手にしては躊躇しほとんど持っておらず。
これを機に少しずつ増やしていきたいところです。

それにしても。器やさん巡りをすると時間を忘れ、かと言ってしっかりお腹は減るもので。
おそろしいくらい文字通りのありあわせ晩ごはんとなってしまった。

豆とトマトのチーズ焼き。
(器: 新堀恵理さん)

            豆とトマトのチーズ焼き

早速正島さんの器を使いたかったのだけど、使い始めはおかゆを炊くなどの処理が要るのだそう。
が、お腹空いてるし、それは後ってことで(笑)。
それに新堀さんの素朴な器に豆って合うのよね。

じゃこと三つ葉の梅パスタと。
思いっきり和のパスタとチーズ焼きって...(汗)。
(パスタ皿: BODUM、取り皿: 岡泰造さん、ビール器: 角田淳さん、カトラリー: 柳宗理さん)

            日曜の晩ごはん

野菜たっぷり温かごはん 

オット、今日も仕事。
仕方ない、とあるデパートに用があるし、電車でひとり雨の中を外出。

今特に欲しいものなど無いはず、はずだったのだけどねぇ。
ここはデパートだものね、足を一歩踏み入れようものならやはり何かってなるわけで。
アンテプリマのオフホワイトカシミアストールを購入です。

     カシミアストール

まぁでもね。もう少し厚手のものは持っているものの、このテのは持ってないし。
明日から寒くなるっていうし。良しとしましょう。ふふ。

晩ごはんの準備も気分よくできて一石二鳥 ...とは言わないか(笑)。
野菜をたくさん採りたくて、自分の食べたいものばかり料理してしまった。

くきわかめ・人参・糸こんにゃくの唐辛子炒め
(器: 笠間陶炎祭にて)

     くきわかめ・人参・糸こんにゃくの唐辛子炒め


温まる~。蕪の豆乳スープ
(器: 黒の漆)

     蕪の豆乳スープ


秋鮭の三つ葉としめじ蒸しは、すだちをたっぷり絞って。
(器: 古谷信男さん)

     秋鮭の三つ葉としめじ蒸し


野菜たっぷり温か土曜の晩ごはん。ビールもまだまだ美味しい。
(ビール器: 馬場浩二さん、取り皿: 岡泰造さん、ごはん茶碗: KOHOROにて)

     土曜の晩ごはん

雑誌LEEと焼酎の夜 

なんとなく手持ち無沙汰な帰り道、雑誌LEEを買ってみた。
LEEといえば、数年前、母が購読しており。
我が母ながら年代の割にオサレじゃない、とは思いつつ、"コレ買うようになったら
若くないってこと?"などと思っていたワタシ。
あぁ、そのときが来てしまったのねぇ。でもでも。
流行最先端はちょっと、というワタシみたいな30代にはぴったりなのだ、やはり。

ファッションページは可愛げで、インテリアも研究でき。

Fashion      Interior

クッキングページも充実してる。今月は鍋特集。

Cooking

盛りだくさんなだけでなく、各々においてセレクションもよいのだ。
あ、そして最近のジョシ雑誌全般のように重過ぎず。コレ需要(笑)。

ワタシが手にするということは、母はもう読んでいないのかな。
送ってくれた焼酎お気に入りの器で楽しみながら。

とちあかね

年月の経たことを実感しつつ、あれこれを眺めて楽しむ金曜の夜なのでした。

やっと会えた偉大なるM 

同じ都内に住みながら、なかなか会えないままきていた友人Mとウレシイ再会。
"親友"というコトバはあまり好きではないのだけど、15歳で知り合い、クラス替えのなかった
高校3年間をべったり、でもさばさば仲良く過ごした彼女。
それ以降の人生、物理的には離れていたものの、ずっと何らかのかたちでつながってきて。
やはりこれを親友というのかな。
私の結婚後ようやく会うことができた今晩、18時半から22時まで3時間半これぞマシンガントーク!

今年スイート・テンを迎えた彼女の結婚式では、T氏に取られるようで涙が止まらなかった私。
そんな懐かしい話や私の結婚生活について等々、尽きることなく話し続けて喉が痛い(笑)。

しゃべる横で気になっていたブーケ、帰宅後すぐに活けてあげたのは言うまでもない。

お祝い     ブーケ

うーん、お花のセレクトひとつにしてもさすが分かってる、M!
アグレッシブでありながらも人の気持ちを察するセンスが抜群の彼女、
大好きで、見習うことだらけで、敬うべき偉大なる存在。
いや、これはやはり親友という単純なコトバでは済ませたくないな。

オマケでハマる罠? 

先日香水を買った際、いろいろオマケをいただいて。
コチラ、黒のベロア素材、LANVINのポーチ。

LANVINのポーチ

基本的にタダでも要らないものはもらわないタチなのですが、これはありがたく頂戴しました。
ジャラジャラが付いているあたり、自分では買わない、つまりはワタシのテイストではないのだけど。
だからこそというのかな、たまにはこんな感じで攻めてみるのも(何を攻めるんだ?笑)アリかなと。

で、コチラは嬉しいオマケ香水。

おまけ香水

左はワタシが買った香りのミニサイズで、右はジェニファー・ロペスプロデュースのもの。
ジェニファー・ロペスというとゴージャス&ちょっとクドい系をイメージしたのだけど。
意外にも梨っぽい林檎っぽいフルーティな感じで悪くない。
今まで香水にそんな凝ったことなどなかったけれど、ちょっと追究してみるのも面白いかも。
あ、オマケってそれが狙い?まんまとハマるワタシ...

月イチの再会 

ワタシによくあるパターン。
急(ていうか当日。笑)なのでダメモトと思いつつ声をかけてみると、意外と相手もOKだったり。
今日もそんな流れで、1ヶ月ちょい振りで大切な癒しの彼女と会社帰りにごはん。

青パパイヤと有機人参のアジアンサラダ、大根餅

青パパイヤと有機人参のアジアンサラダ    大根餅

コチラはもちもちした古代米の高菜焼き飯。香ばしくて美味。

古代米の高菜焼き飯

身体によさそうな食材を使った食事&気の置けない友人とのマシンガントーク(笑)。
これはもう何よりのストレス解消!月イチ会にしていこうと誓い合ったのでした。

気分はもう 

早いもので。
先日訪れた雑貨店は赤や白、緑の小物がずらりと並び、クリスマスカラーに。

クリスマスの準備1    クリスマスの準備2

いただいたリーフレットを見つつ、今年ももう2ヶ月を切ったんだなぁと。
クリスマスを楽しみに思うより先にしみじみしてしまったワタシ、やばいかなぁ。自問。

連休3日目 

昨日の後悔を引っさげて今日も飽きずに器やさん巡り。
典型的A型の割に、こうと思ったら達成するまで絶対。みたいなのがあるのよねぇ。
で、今日は西方面、中央線沿線を探検。
いろいろお店もあり、数年前に少しだけ住んでいたこともあって楽しいエリア。

数店まわった中で、コチラは阿佐ヶ谷の"土の記憶"。

土の記憶-1    土の記憶-2

ワタシとしたことがデジカメを忘れてしまい、オットに携帯で撮ってもらったのだけど。
こんな素敵な空間をエライ画像にしてしまったらどうしようと思っていたけど、
最近の携帯ってすごいのねぇ(ワタシのはなんとカメラ無し)、悪くない悪くない。よかった。

ほかにも数店まわり、素敵な器を見るだけで(そりゃ欲しいのだらけなんだけど)
それはもうとても幸せなひとときなのでした。

迷いに迷って、でもかなり一目惚れだったのがコチラ、岡泰造さんの器。
取り皿にデザート用に幅広く使えそう。

岡泰造さんの器

葉っぱの箸置き。黒もあって迷いつつもやはり白に。

葉っぱの箸置き    箸置きとお箸

器はすぐにも使いたいけれど、やはりここはぐっと我慢、吸水中。
というわけで、普段の器で晩ごはん。

豚肉と青梗菜・トマト炒め。

豚肉と青梗菜・トマト炒め

古谷信男さんの大判スクエア皿、中華系炒め物にぴったり。
雑穀米とビールが進む連休最終日の晩ごはん。

連休最後の晩ごはん

...それにしても何もしない普段の週末と同じ連休だったなぁ。

連休2日目 

今日は郊外への外出も考えつつも、人間さすがに学習するもので。
どう考えても連休中日の無計画行動は、失敗&後悔するに違いない!
で、数軒の器やさん巡り。
それでもねぇ、遠路はるばる町田まで足を延ばしたら閉まっていたり、涙を飲んだ今日。

いちばん素敵だったのはコチラ、"Gallery ah!"

Gallery ah!-1    Gallery ah!-2

うっとりする空間で素敵なご夫婦との会話も楽しく。

Gallery ah!-3

相変わらず優柔不断なワタシ、迷ってしまって決められず、器購入は次回と誓って帰宅。
手ぶらはよくあることだけど、うーん、やっぱりツマラン。買うべきだった。

晩ごはんはオットから釜揚げうどんのリクエスト。
豆腐の干し海老わかめあんかけと明太ポテトサモサと一緒に今日もビール。

土曜の晩ごはん

Gallery ah!の後に地味なウツクシくない画だこと...

連休1日目 

連休初日。やむを得ず今日も仕事のオット。
うーん、じゃ、ワタシもカーテン洗ったり掃除を普段より念入りにしたり、これもシゴトシゴト。

と言いながら午後は自由が丘までぶらぶら、新しくできたという"Trainchi"を覗いてみたのだけど。

自由が丘Trainchi

まぁでもこんなもんか、って感じで何も購入せず。
唯一"ブランジェ浅野屋"でパンをと思っていたのだけど、激混みなので即断念です。

夕方にはオットも帰宅、うちでのんびり晩ごはん。

肉じゃが

繊細な豊田恭子さんの器に肉じゃがってどうかなと思いつつ。
ま、でもほくほくで美味しいからいいわ~。ワタシ的に糸こんにゃくは必須。

ごはんの友

ごはんの友あれこれ。ふきのとう、かすかな苦味にごはんが進むったら。

連休初日の晩ごはん

生秋鮭はすだちと塩でホイル焼き。あー、幸せ。
とりあえずビールいっときました連休初日の晩ごはんでした。

お酒に溺れる!宣言? 

なんとも。続くときは続くのねぇ。
帰宅後、いつも通りひとり遅めの夕食の最中に荷物が届き。

那須からのお酒たち

旅好きの実両親より、那須で見繕ってくれたらしいお酒たち。う、ウレシイ。
でもさ、あなたたちのムスメなんだからさ、そう飲めないタチなのはご存知よね?
と確認したくなるほどのお酒づくし。ワイン×2、焼酎×2、日本酒1ですって。
うーむ。ビール1ケースを奪い取ってしまったし、義両親にお持ちしましょうか...

隅にひっそり入っていたのはコチラ、ルバーブジャム1。

ルバーブジャム

うんうん、これは分かるんですけどね。
ていうか、コレ、"×3"なら分かるんですけどね。

先々週から先週にかけて12日連続勤務を経た直後、今週月~木の4日勤務なんてあっという間。
ウレシイ明日からの三連休、何も計画立ててないしなぁ。
お酒に溺れてみようかしらん。なんてね。

じゃこチーズトーストと台湾茶 

いつもばたばたの朝ごはん。
シュフ失格かもしれませんが基本的にセルフサービス(笑)。

台湾茶とじゃこチーズトースト

が、たまにはと、じゃこチーズトーストと台湾茶など。
あら、手前(ワタシの)、ちょっとチーズが寂しかったなぁ。

茶器は数年前に東郷神社の骨董市で購入した中国のもの。
心なしか日本茶よりあちらのお茶がしっくりくるような。
なんて言いながら、やはり朝はコーヒーが欠かせなくてこの後改めて淹れたのでした。はは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。